後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック

後縦靭帯骨化症とはどのような病気?

後縦靭帯骨化症とは?

頸椎後縦靭帯骨化症とは、脊柱の中を縦に走っている靭帯—後縦靭帯が骨化して、神経が圧迫されることによって神経障害を引き起こす病気です。 脊椎の骨化する位置によって、頚椎後縦靭帯骨化症、胸椎後縦靭帯骨化症、腰椎後縦靭帯骨化症と呼び方が異なります。

後縦靭帯骨化症は日本人の発症例が多く、日本人の約3%が発症するといわれています。男女比では2:1で男性に多く、50歳代以降で発症する方が多数です。 発症する原因については、糖尿病や肥満などが関係しているほか、遺伝要素も関係しているという報告があるようですが、その詳細については明らかになっていない部分も多いです。

後縦靭帯骨化症の発症に気づくケースはさまざまですが、症状として肩や首などの痛みやコリが挙げられ、ひどい肩こりで病院に行った際に発見されたというケースもあります。 後縦靭帯骨化症は、症状の進行は人によってまちまちなため、気付かないくらい症状が軽い人も多くいます。その一方で、首や背中の痛みやしびれ、筋力の低下、歩行障害や運動障害などの症状が現れる方もいるのです。そのため、専門医による適切な治療や手術、経過観察が必要です。

日本では、原因が特定されていない、また明確な治療方法が確率していない病気に対して、治療や診療にかかった費用の補助する制度が設けられていますが、後縦靭帯骨化症もこの制度の対象となっています。 対象になっているということは、原因や治療法について明確な方法が確立されていない難病であるということを意味しますが、ここで現在分かっている範囲での情報について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

後縦靭帯骨化症ってどんな病気?について詳しくはこちら>>

後縦靭帯骨化症はどんな治療があるの?

後縦靭帯骨化症の治療法には、「保存療法」と「手術療法」の大きく2種類に分けられます。 保存療法は、カラーやギプスなどを使用して患部を固定し、悪化を防いで治癒の経過を見守る治療法で、症状が軽度だった場合に用いられます。 手術療法は、保存療法の効果が見られなかったときや、症状が進行して日常生活に支障をきたす場合などに、手術を行って症状の緩和を目指す方法です。 手術療法の場合、神経に傷をつけてしまうリスクや合併症などのリスクがありますが、保存療法においても具体的な治療を行うわけではないので、根本の改善が期待できないというリスクがあります。

こちらでは、保存療法や手術療法の詳細、またそれぞれの効果やリスクについて解説しているほか、手術療法を選んだ人、保存療法を選んだ人の感想や口コミなどもご紹介しています。

後縦靭帯骨化症はどんな治療があるの?について詳しくはこちら>>

後縦靱帯骨化症と似ている病気まとめ

後縦靭帯骨化症は、その発症原因や治療法について確立されていない難病ですが、後縦靭帯骨化症と似た症状がある病気がいくつかあります。 黄色靭帯骨化症や、前縦靭帯骨化症、頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症などがそれに当たりますが、名前も似ている上に症状自体も似ているので、自後縦靭帯骨化症の疑いがある人は、これらの病気についても理解しておくと、医師の診察を受ける際に役立ちます。 名前が似ていても、治療法や症状がまったく異なる病気もありますので、後縦靭帯骨化症の理解を深めるためにもぜひご覧ください。

後縦靱帯骨化症と似ている病気まとめについて詳しくはこちら>>

後縦靱帯骨化症の手術の症例が多い病院一覧

後縦靭帯骨化症の治療においては、保存療法を選択する人が多い反面、痛みに苦しみ、手術によって症状を緩和させたという人、今後症状が悪化してしまったときに備えて、手術をしてくれる病院を探しておきたい人など、後縦靭帯骨化症の治療に強い病院情報を求めている人がたくさんいます。 そこでこちらでは、後縦靭帯骨化症の手術を行える病院、後縦靭帯骨化症の治療を数多く行っている病院をご紹介しています。

全国で唯一、腰や首、頚椎に特化した専門医療を提供している「品川志匠会病院」や、脊椎、脊髄専門の整形外科として知られる「九段坂病院」、日本脊髄外科学会の訓練施設として認定され、脊椎外科育成における基幹病院となっている「東京総合病院」など、後縦靭帯骨化症の治療に長けた病院情報をご覧いただけます。 また、首都圏の病院の他、神戸や金沢、九州など、地方で後縦靭帯骨化症の治療に強い病院もご紹介していますので、病院情報を求めている方にお役立ていただけると思います。

後縦靱帯骨化症の手術の症例が多い病院一覧について詳しくはこちら>>
東京都 品川志匠会病院 腰・首に特化した専門病院。在籍医の手術執刀数は8,000件を超え、圧倒的な手術実績があります。理事長・大田快児医師は、後縦靭帯骨化症だけで200件超の実績数の名医。
日本に数台しかない最新鋭の検査・治療設備が整っていることでも有名です。10年近くチーム医療を続けており、統一された治療方針となっていますので、どの医師でも安心して治療してもらう事ができます。
医師の熟練度が高いため、短時間・低侵襲の手術ができ、早期退院が可能。これまで手術による術中操作により、恒久的に車イスとなった方は1人もいないのも注目する点です。
品川志匠会病院の治療を詳しく見る>>
東京都 九段坂病院 脊椎・脊髄専門の整形外科は日本トップレベルとされている総合病院。
後縦靱帯骨化症の実績も多く手術療法のほか、各種保存療法も行っています。病棟には10人の整形外科医がおり、うち7人は脊椎専門医と非常に専門性の高い病院といえます。中でも相馬ドクターは名医としても有名。
九段坂病院の治療を詳しく見る>>
東京都 総合東京病院 平成23年に脊椎脊髄センターを開設し、3人の脊髄外科専門医が外来を担当している病院。
日本脊髄外科学会の訓練施設としても認定されていて、脊髄外科医育成のための基幹病院に指定されています。
総合東京病院の治療を詳しく見る>>
神奈川県 新横浜スパインクリニック 志匠会グループのクリニック。横浜からアクセスが良い。品川志匠会病院と同じく手術による術中操作により、恒久的に車イスとなった方は1人もいないのが安心できます。
新横浜スパインクリニックの治療を詳しく見る>>
埼玉県 埼玉県済生会川口総合病院 整形外科のほか、消化器内科や小児科、産婦人科まで幅広い診療科目をそろえる総合病院。
専門性の高い脊椎脊髄病センターがあり、1985年から脊椎疾患や外傷の集約的、専門的治療も行ってきました。
年間の整形外科手術数は1170件。難易度の高いとされる頸椎前方除圧固定術の実績も数多くあります。
埼玉県済生会川口総合病院の治療を詳しく見る>>
群馬県 慶友整形外科病院 脊椎・脊髄外科のほか、肘関節・手の外科の専門、膝関節外科の専門と幅広く専門外来を実施している整形外科専門病院。
昭和54年に開業した老舗の病院で、地域住民からの信頼も厚いと言われています。年間の手術件数も多く、平成25年度の総手術件数は3055件。症状に合わせて最適な術式を施しています。中でも副院長の斉藤正史先生は名医と評判です。
慶友整形外科病院の治療を詳しく見る>>
静岡県 沼津市立病院 各種内科や心臓血管外科、脳神経外科を扱う総合病院。後縦靭帯骨化症を扱う整形外科は、慢性疾患のほかに救急外傷の治療も行います。患者さんの症状に応じて治療方針を決定し、保存療法のほか、椎弓形成術または前方固定術のいずれかの方法で手術を行います。
沼津市立病院の治療を詳しく見る>>
石川県 金沢脳神経外科病院 脳卒中センターを備えていて脳神経外科に力を入れている病院ですが、脊椎センターも設置。
頸部や腰部を中心とした脊椎専門外来も診療してくれます。後縦靭帯骨化症の治療件数も多い病院で、低侵襲の顕微鏡手術(MD法)という革新的な手術方法を用いています。
金沢脳神経外科病院の治療を詳しく見る>>
大阪 医誠会病院 脳神経外科・脊椎脊髄外科 整形外科ではなく脳神経外科が担当している脊椎・脊髄外科です。脳手術と同様に顕微鏡を用いた手術を行います。また、
MRIを2台所有しているため、検査待ちの時間が少ないのも魅力。
医誠会病院 脳神経外科・脊椎脊髄外科の治療を詳しく見る>>
大阪 大阪市立総合医療センター 救命救急センター、災害拠点病院にも指定されている大規模・高機能病院。
脊椎外科にて治療を行います。手術方法は、頸椎椎弓形成術・頸椎前方固定術を用いています。
大阪市立総合医療センターの治療を詳しく見る>>
兵庫県 神戸労災病院 脊椎外科 整形外科では、脊椎脊髄外科、手の外科、関節外科に重点を置いており、手術のみならず、保存療法も含めて系統的な治療を行っています。
神戸労災病院の鷲見院長は、日本脊椎脊髄病学会評議員をされていて、西日本では脊柱骨化症の名医として広く名が知られている方です。
神戸労災病院の治療を詳しく見る>>
福岡県 新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センタ- 脊髄脊椎外科治療の最先端を目指して、日々治療に当たっている福岡の専門医院。平成8年から脊髄脊椎外科治療を行っていて脊椎脊髄の手術数は年間約650件、グループ病院全体では年間約1500件を行っており、高い実績を誇っています。日本各地から患者さんが集まってくる専門性が高い病院です。
新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センタ-の治療を詳しく見る>>
大分県 大分整形外科病院 整形外科の分野を中心に、診断・治療・手術・リハビリまでを一貫して提供するチーム医療を実践している病院。
年間1000件の手術実績を誇り、地域住民からも厚い信頼を得ています。予後が心配という患者さんの悩みにも真摯に対応してくれます。
大分整形外科病院の治療を詳しく見る>>

※掲載しているデータ等は2014年8月に個人的に調査した内容です。
最新の情報は各病院・クリニックの公式サイトでご確認ください。

【特集】腰・首に特化した専門病院に注目

腰・首・脊椎に特化した専門病院である品川志匠会病院です。後縦靭帯骨化症での手術治療で数多くの症例数があります。

その手術件数の実績は圧倒的で、志匠会グループの理事長である大田快児医師の手術実績5,000件超をはじめ、グループ医院である「新横浜スパインクリニック」の葛西院長や、品川志匠会病院の梅林副院長など在籍医の実績を合わせると、症例数8,000件を超えるという、全国の中で有数の手術件数を持つ病院なのです。

手術熟練度の高さはお墨付きです

品川志匠会病院

多数の手術実績数でも見られるように、品川志匠会病院の医師は専門性や手術に対する熟練度が高く、短時間で低侵襲の手術を行うことができます。

手術が未だ「手仕事」である以上、同じ術式なら100件よりも500件、500件よりも1000件目の経験を積んでいる名医の方が、やはり安全性も確実性も上がりますよね。

品川志匠会病院の医師は、全国有数の手術件数を誇っている故に、その熟練度も折り紙つきの名医ばかり。そのため、患者さんの術後の経過も良く、早期退院が可能となっているようです。

予後に関しては、合併症が発生する例もあるものの、治癒しています。現在まで手術による術中操作により、恒久的に車イスとなった方は1人もいないというのも、安心して手術を任せられる理由です。

品川志匠会病院の良いところは、総合病院ではなく首・腰・脊髄に特化している病院というだけに、医師はもちろん看護師やスタッフの方の専門性も高いということ。入院や外来に訪れた際に、より深い知識で適切な対応をしてくれるというのは、有り難いことですよね。

日本に数台しかない最新鋭の検査・治療設備を完備!

品川志匠会病院は最新鋭の検査・治療設備を完備している品川志匠会病院には、日本に数台しかない最新鋭の検査・治療設備が揃っていることでも有名です。

「立位MRI(Gスキャン)」「全身撮影X線(EOS)」という最先端設備を2つ備えているのは国内唯一。手術中においては、ナビゲーションシステムと連動して脊椎の三次元画像情報を確認できる「Oアーム」など、手術の安全性を高めるための設備も積極的に導入しています。

このほか、さまざまな検査設備も充実していると評判が高く、他院のセカンドオピニオンを求めて訪れる患者さんも多いのだそうですよ。

品川志匠会病院のベッド数は66床以上あり、入院している患者さんからは食事もおいしいと好評。味と栄養面双方に気を配った入院食で口コミ評判も良いようです。

入院時の不安がやわらぐドクターや看護師の人柄

安心して治療ができるドクターや看護師の人柄

品川志匠会病院では、「医師と患者は、病気を共に戦う戦友として、信頼関係を築いて治療にあたる」という理念のもとに、治療に携わっているそうです。

そのため、疾病に関する様々な質問にも、専門用語ではなく、噛み砕いた言葉でわかりやすく丁寧に答えてくれます。

医師や看護師、スタッフの方はどの方も本当に優しくて、この病院ならば、安心した気持ちで診察や手術を受けられると思わせてくれる温かさがあります。

実際に、品川志匠会病院で後縦靭帯骨化症の治療をした患者さん達の間では、「手術が怖くして仕方がなかったけれど、ドクターやスタッフさんの優しさに救われました」といった声も多く挙がっていました。

後縦靭帯骨化症の手術や治療は、リスクもあるため不安を感じる場合がほとんどですが、こういった雰囲気が良くて、腕もいい病院や医師の元でなら安心して手術に臨めます。

横浜方面の方は「新横浜スパインクリニック」にも注目

「品川志匠会病院」が所属する志匠会グループには「品川志匠会病院」のほかに、北新横浜駅にある「新横浜スパインクリニック」も所属しています。

この2院では、ドクターや患者様のデータを相互に共有していて、診療内容や治療方針に相違はないとのことなので、より通いやすい病院を選択できることもうれしいメリットですよね。

品川志匠会病院の後縦靭帯骨化症の治療をもっと詳しく見る
http://www.shisyokai.jp/

 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック