後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック
HOME » 後縦靱帯骨化症と似ている病気まとめ

後縦靱帯骨化症と似ている病気まとめ

このカテゴリでは、後縦靱帯骨化症に似ている病気の症状や原因、治療法について解説しています。

その痛みやしびれは後縦靱帯骨化症?それとも…

後縦靱帯骨化症とは、骨に変化してしまった靭帯が脊髄を圧迫する病気。手足の痛みやしびれを中心に、全身にあらゆる症状を引き起こします。

後縦靱帯骨化症の他にも、同じように神経への圧迫が原因で、手足の痛みやしびれ、排尿の困難などを発症してしまう病気がいくつかあります。そのような後縦靱帯骨化症と似ている病気を、以下にまとめました。

黄色靭帯骨化症

後縦靱帯骨化症と同じく、病名に「靭帯骨化症」という言葉が入っていることから分かるように、症状や原因も似ている病気です。

「後縦靭帯」と「黄色靭帯」の違いも含めて解説していきます。

前縦靭帯骨化症

こちらも「靭帯骨化症」という言葉が共通しています。

しかし、「後」と「前」が違うだけで、症状や治療法は大きく異なります。どのような相違点があるか、具体的に見ていきましょう。

頚椎症性脊髄症

「脊髄症」という言葉から想像できる通り、脊髄になんらかの不具合がある点で、後縦靱帯骨化症と共通しています。症状もよく似た病気です。両者にはどんな違いがあるのか確認していきましょう。

頚椎症性神経根症

頚椎症性神経根症も、後縦靱帯骨化症と症状がよく似ています。また、頚椎症性脊髄症とも類似しているので、それらの違いも確認していきましょう。

各ページでは、これらの病気の症状や具体的な原因、治療法、後縦靱帯骨化症との違いを解説しています。

様々な点で類似しているので、間違えないようそれぞれの特徴をチェックしましょう。

 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック