後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック

頚椎症性脊髄症

高齢者に多い頚椎症性脊髄症の症状や治療法、また、よく似た症状である後縦靭帯骨化症との違いについて解説します。

頚椎症性脊髄症とはどんな病気?

頸椎(首の骨)の形が変化して、脊髄を圧迫してしまう病気です。

手足の痛みやしびれ、首の痛み、排尿や排便の障害などの症状を引き起こします。首から下の部分であれば、どこにでも不具合が生じる可能性があるそうです。

高齢者が病気に気づきにくい理由

発症例の少ない、若い人が頚椎症性脊髄症になると、何もない場所で躓くことや、歩行に違和感を覚えるなどの自覚症状で気づくことが多いそうです。

対して、圧倒的に発症例の多い高齢者は、もとから動作に難儀している人も多いことから、自覚症状では気づきにくいと言われます。

また頚椎症性脊髄症の患者は、転倒するなどの軽いケガがきっかけで、手足に麻痺を残してしまうことがあります。

取り返しのつかないことにならないためにも、高齢者は早期発見と日常生活での注意が必要になります。

頚椎症性脊髄症の原因

主な原因は加齢です。加齢によって頸椎(首の骨)にある軟骨組織などの部位が劣化し、頸椎自体に変形が生じます。

この状態は「変形性頚椎症」と呼び、加齢にともなって多くの方に生じる現象です。

変形するだけであれば問題ないのですが、この変形した頸椎が、脊髄を圧迫し始めると、痛みやしびれなどの支障をきたします。

頚椎症性脊髄症の治療法

まずは保存療法を試みますが、それでも症状が改善しない場合には、手術を行います。脊髄を圧迫している原因を取り除く手術です。

圧迫を取り除くことで痛みを軽減させ、術後、保存療法によってさらなる改善を図るといった流れになります。

なお、現代医学においては、脊髄を回復させる治療法は開発されていません。そのため、すでに脊髄を大きく傷つけてしまっている患者については、手術で痛みはなくなったとしても、後遺症が残ってしまう可能性もあります。

後縦靭帯骨化症との違いは?

脊髄を圧迫しているものが違います。頚椎症性脊髄症の場合は、前述した通り、変形した首の骨が脊髄を圧迫します。後縦靭帯骨化症の場合は、骨化した靭帯が脊髄を圧迫するのです。

ともに脊髄を圧迫しているという点では共通しているので、症状も同じようなものとなります。

ただし、圧迫の原因が異なっているため、治療法、とくに手術療法の場合は、切除する対象が異なります。

1から分かる後縦靱帯骨化症の治療ガイド

頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)とは、神経障害を引き起こす病気で難病指定となっています。
脊柱を支える後縦靭帯が骨に変わり厚みを増すと、神経を圧迫。首や背中の痛みやしびれ、筋力の低下、悪化すると歩行障害、運動障害などの症状を引き起こします。
そのため、専門医による適切な治療や手術、経過観察が必要です。
 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック