後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック

頚椎症性脊髄症

高齢者に多い頚椎症性脊髄症の症状や治療法、また、よく似た症状である後縦靭帯骨化症との違いについて解説します。

頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)とはどんな病気?

頸椎(首の骨)の形が変化して、脊髄を圧迫してしまう病気です。

手足や首の痛み、しびれ、排尿・排便障害などの症状を引き起こします。

頚椎症性脊髄症の原因

主な原因は加齢です。加齢で頸椎の軟骨組織が劣化し、頸椎自体に変形が生じることで起こります。

この状態は「変形性頚椎症」と呼び、加齢にともなって多くの方に生じる現象です。

変形するだけであれば問題ないのですが、この変形した頸椎が脊髄を圧迫し始めると痛みやしびれなどの支障をきたします。

高齢者は発症に気づきにくい

発症例の少ない若い人が頚椎症性脊髄症になると、何もない場所で躓くことや歩行に違和感を覚えるなどの自覚症状で気づくことが多いです。

対して、圧倒的に発症例の多い高齢者は、もとから動作に難儀している人も多いことから自覚症状では気づきにくいと言われます。

また、頚椎症性脊髄症の患者は、転倒するなどの軽いケガがきっかけで手足に麻痺を残してしまうことがあります。

取り返しのつかないことにならないためにも、高齢者は早期発見と日常生活での注意が必要になります。

早期発見のために~頚椎症性脊髄症の検査~

頚椎症性脊髄症の検査は、主に問診から始まりレントゲンやMRIを活用して行われます。

まず、問診でどのような症状が出ているかを確認します。首周りの痛みや手足のしびれ、歩行障害などの有無です。

次に、骨の状態をレントゲンで実際に見てチェックします。この時点で骨の形が分かるので、頚椎症性脊髄症かどうかが判明します。

そして、骨に異常が見つかった場合は、そこを中心にMRIでより詳しく調べます。

MRIでは骨や神経の断面図を見ることができるため、圧迫されている神経の場所と状態を確認することが可能です。この時、神経に圧迫が見られたら、頚椎症性脊髄症と診断されます。

頚椎症性脊髄症の治療は早めに

頚椎症性脊髄症は、現在治療が難しい病気です。しかし、軽度であれば温熱療法や薬物療法の保存的療法で痛みを和らげ、支障をきたすことなく日常生活を過ごせます。しかし、放置していると症状が進行してしまい、外科手術による治療が必要になってしまいます。

また、手術をすれば確実に回復するというわけではありません。歩けなくなるほど悪化していた場合、手術が成功しても再び歩けるようになるとは限らないのです。

それでは次に、頚椎症性脊髄症の治療についてより具体的に見ていきましょう。

頚椎症性脊髄症の治療法

まずは保存療法を試みますが、それでも症状が改善しない場合は手術を行います。脊髄を圧迫している原因を取り除くのです。圧迫を取り除くことで痛みを軽減させ、術後、保存療法によってさらなる改善を図るといった流れになります。

なお、現代医学においては、脊髄を回復させる治療法は開発されていません。そのため、すでに脊髄を大きく傷つけてしまっている患者については、手術で痛みはなくなったとしても、後遺症が残ってしまう可能性もあります。

頚椎症性脊髄症の保存的療法の種類

軽度の頚椎症性脊髄症は保存的療法で改善できます。では、主な保存的療法について見ていきましょう。

  • 薬物療法

    初期段階で軽い痛み程度なら、鎮痛剤を用いた薬物療法で痛みを和らげることが可能です。ただし、根本的な治療方法ではないため、他の治療法と併わせて行われます。 また、しびれなどには効果がありません。

  • 温熱療法

    首周りを温めることで痛みを和らげる治療方法です。これも薬物療法と同じく根本的な治療にはなりません。温めることで肩こりなどの改善効果も望めます。

  • 牽引療法

    器具を使って首を牽引し、症状を和らげる治療法です。

    牽引療法には二種類あり、「間歇牽引療法(かんけつけんいんりょうほう)」と、「持続牽引療法」があります。持続牽引療法は持続効果が期待できますが、行っている医療施設は少ないです。

  • 装具療法

    最も基本的な治療方法が装具療法です。これはカラーを付けて首を固定し、頚椎症性脊髄症の症状を抑えるという方法です。

首に負担をかけないことが大事

頚椎症性脊髄症の治療で重要なのは、首に負担をかけないことです。

首に負担をかければその分神経が圧迫され、症状が悪化してしまうからです。

そして最も怖いのが、転倒などの不慮の事故により予想外の力が首にかかってしまうことです。日常生活の中で転ばないように段差を避けたり、家の中の整理整頓をしたりするなどの工夫で、転倒のリスクを大幅に減らせます。

他にも、カラーを付けて首の負担を減らしたり、寝苦しさ解消のために寝具を変えたりするなどの取り組みも有効です。

後縦靭帯骨化症との違いは?

脊髄を圧迫しているものが違います。頚椎症性脊髄症の場合は前述した通り「変形した首の骨」が脊髄を圧迫しますが、後縦靭帯骨化症の場合は「骨化した靭帯」が脊髄を圧迫するのです。

ともに脊髄を圧迫しているという点では共通しているため、症状も似ています。

ただし、圧迫の原因が異なっているため、とくに手術療法といった場合は切除する対象が異なります。

1から分かる後縦靱帯骨化症の治療ガイド

頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)とは、神経障害を引き起こす病気で難病指定となっています。
脊柱を支える後縦靭帯が骨に変わり厚みを増すと、神経を圧迫。首や背中の痛みやしびれ、筋力の低下、悪化すると歩行障害、運動障害などの症状を引き起こします。
そのため、専門医による適切な治療や手術、経過観察が必要です。
 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック