後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック

黄色靭帯骨化症

黄色靭帯骨化症の症状や治療法を解説し、あわせて後縦靭帯骨化症との違いも説明します。

黄色靭帯骨化症の特徴について知る

後縦靭帯骨化症(おうしょくじんたいこっかしょう)の合併症として、引き起こしやすい黄色靭帯骨化症(おうしょくじんたいこっかしょう)について解説します。

黄色靭帯骨化症を発症する仕組み

黄色靭帯は背骨の、骨と骨の間にある靭帯の1つで、骨の安定のためにあります。背骨の中を通っている神経の後ろ側に位置します。その黄色靭帯が固くなり、骨化することで側にある神経を圧迫し、障害が出てしまいます。

骨化してしまった黄色は大きくなってくるので、そのまま放置し続けると神経の圧迫が強くなり、歩行困難、排尿困難などになり、症状が悪化してしまいます。

黄色靭帯骨化症を発症する仕組み

引用元:日本整形外科学会
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/opll.html

初期症状と診断方法

黄色靭帯骨化症になると、様々な症状が現れます。

初期症状としては、背筋にこりや痛みが出始めます。さらに脊髄が圧迫されると、手足のしびれ、お箸がうまく使えない、つまずきやすくなった、洋服のボタンのかけ外しがスムーズにできなくなった、階段の上り下りが怖くなった、などの日常生活にも支障が出てきます。

初期症状の背筋のこりだけにとどまらず、しびれなどの毎日の生活に影響が出る程の症状が出てきたら、なるべく早めに医療機関で診断を受けるようにしましょう。

黄色靭帯骨化症の診断のために必要な検査

黄色靭帯骨化症の主な診断は、X線やCT、MRIで行ないます。なお、骨化をより鮮明に確認するには、CTやMRIが最も有効です。

CTは骨化している範囲を判断するために有効で、MRIでは神経の圧迫を詳しく見るために使用します。

ただし、骨化していても神経の圧迫がなければ、黄色靭帯骨化症とは判断されません。

黄色靭帯骨化症を発症しやすい条件

黄色靭帯骨化症は、誰もがなり得る病気です。しかし、発症する人には、ある傾向があります。

年齢は40歳以上で、男女差はありません。遺伝すると確立されてはいませんが、遺伝しやすい家系はあると言われています。

ただし、中には若くして黄色靭帯骨化症になる人もいるので、自分が特徴に当てはまらないといって、油断しないようにしましょう。

予防法はないの?

黄色靭帯骨化症は根本的な原因が不明なので、明確な予防方法がありません。

すでに骨化してしまっている場合、症状が今より悪化しないようにする方法はあります。この病気を患ってしまうと、転倒や転落によって症状が悪化してしまうので特に注意が必要です。

首を後ろに反らす動作をなるべく控えて、仕事や遊びなどの毎日の動きにも気をつけましょう。この病気には予防策はないので、症状を悪化させないように気を付けるしかありません。

この病気は、根本的な原因が解明されておらず、何らかの原因でカルシウムが沈着し、骨のように固くなっていく病気です。

そのため国が指定している難病、特定疾患の一つです。難病医療費助成の申請をし、受理されれば医療費の負担を軽減できます。

後縦靭帯骨化症との違いは?

後縦靭帯骨化症は、同じく靭帯が骨になってしまう病気ですが、発症する部位が異なり、黄色靭帯は脊髄の後ろ、後縦靭帯は脊髄の前で発症します。

どちらの部位でも、「骨になった靭帯が脊髄を圧迫する」ということは変わらないので、症状は類似しています。

後縦靭帯骨化症を発症すると、黄色靭帯骨化症も合併する傾向があるため注意が必要です。

1から分かる後縦靱帯骨化症の治療ガイド

頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)とは、神経障害を引き起こす病気で難病指定となっています。
脊柱を支える後縦靭帯が骨に変わり厚みを増すと、神経を圧迫。首や背中の痛みやしびれ、筋力の低下、悪化すると歩行障害、運動障害などの症状を引き起こします。
そのため、専門医による適切な治療や手術、経過観察が必要です。
 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック