後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック
HOME » 後縦靭帯骨化症はどんな治療があるの?

後縦靭帯骨化症はどんな治療があるの?

こちらでは、後縦靭帯骨化症(OPLL)のさまざまな治療法についてまとめています。

後縦靭帯骨化症の治療法は、大きく分けて二つ。「保存治療」と「手術療法」があります。

後縦靭帯骨化症の2つの療法

「保存治療」は、後縦靭帯骨化症によって、脊柱の中の神経を圧迫したり傷つけた場合に起きる痺れや痛みの症状軽減や筋力の回復などを目的としています。

保存治療のページでは、頸椎カラー、鎮痛薬、神経再生薬、リハビリといった後縦靭帯骨化症の保存療法について詳しく解説しています。

「手術療法」は、症状が進行して仕事や日常生活に支障をきたした場合は、手術を行い骨化している組織を取り除く根治治療が必要になります。

手術療法のページでは、椎弓形成術(脊柱管拡大術)や前方固定術などの手術の種類や特徴、手術に伴うリスクについてもまとめています。

手術を行うリスク・手術を行わないリスク

手術療法のリスクは、骨を削る際に神経を傷つけてしまったり、移植した骨が外れてしまって合併症にかかるリスクです。また、技術的に難しく、誰にでも行える術式ではないため、医者や病院選びが重要になってきます。

手術療法を行わないリスクは、保存療法によって症状が良くなっても病気の根幹は解決しないことです。

後縦靭帯骨化症という病気は、外傷・転倒などをきっかけとして、歩行が困難となったり、手を思うように動かせなくなったりすることがあります。
靭帯が骨化することにより、神経の通り道が狭くなっている状況に変わりはないため、一般的に転倒しやすく、転倒してしまった場合には症状が悪化する可能性があります。
そのため、常に症状の悪化を恐れ、不安を抱き続けることになります。 

後縦靭帯骨化症の手術療法を受けた方の声

手術療法を行っている患者さんも全国には多数いらっしゃるので、こちらも参考にされることをおすすめいたします。

「手術をした方の体験談」のページでは、後縦靭帯骨化症の手術を受けた方の体験談をいくつか掲載してします。

病院で医師から手術を勧められたものの、実際にどのように行われているのか心配になる方もいらっしゃることでしょう。

こちらでは、手術の流れや、術後の経過と予後、症状が改善した方の感想の声なども多数ご紹介しているので、よければご覧になってください。

1から分かる後縦靱帯骨化症の治療ガイド

頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)とは、神経障害を引き起こす病気で難病指定となっています。
脊柱を支える後縦靭帯が骨に変わり厚みを増すと、神経を圧迫。首や背中の痛みやしびれ、筋力の低下、悪化すると歩行障害、運動障害などの症状を引き起こします。
そのため、専門医による適切な治療や手術、経過観察が必要です。
 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック