後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック
HOME » 後縦靭帯骨化症はどんな治療があるの? » 手術をした方の体験談

手術をした方の体験談

こちらのページでは、後縦靭帯骨化症(OPLL)の手術を受けて症状が改善した方の体験談をご紹介します。予後などの参考にしてください。

後縦靭帯骨化症の手術体験談

四肢の痺れがひどく後縦靭帯骨化症の手術を受けました。

手術の前日から入院。手術中は、全身麻酔なのでもちろん記憶はありません。手術をモニターで見ることができたみたいで、私の家族はずっと見ていたそうです。

手術が終って気がついたら新しい頚椎カラーが巻かれていました。

手術した翌日には、傷口・患部の痛みは全くなく、辛いしびれもなくなって、普通に歩けるようになり、お箸ももてました。

退院後した後も、予後の経過がよく、手術をして良かったと思っています。

症状が悪化したため、手術にふみきりました。体が元に戻ると思えば、手術は頑張れます。

骨化している箇所が広く、頸椎を6個開きました。手術時間はかかりましたが、予後はかなり改善したため、やってよかったと思っています。

手術して良かったです。これ以上悪化するのが一番困るのでで、手術で改善できてよかったです。

後縦靭帯骨化症の手術は、検査入院から2回めの入院で手術をしました。

予後としては、退院後1週間後から仕事は普通に再開して、1年たった今も、後遺症もなく再発もしていません。

手術のあと、のどがかすれる症状がありましたが、それも2ヶ月くらいでなくなりました。

右腕付け根に軽い痛みと背中に強い痛みがでていて、病院にいくと手術を勧められました。

手術後すぐは、首の痛みとのどの違和感がありましたが、1ヶ月くらいで消えました。

術後1ヶ月、それまで私を苦しめていた痺れや痛みがなくなり、普通に生活できるようになりました。

足の痛みが少しありますが、症状はどんどん快方に向かっているので、大丈夫だと思っています。

腕のしびれを感じて病院に行くと、後縦靭帯骨化症と診断されました。進行が早く、3か月ほどで歩行困難になり、早々に手術を受けました。手術方法は、後方からの除圧でした。

症状は重かったですが、手術までの期間が短かったせいか、予後が良く、短期間でかなり回復しました。

頚椎後縦靭帯骨化症で手術を受けました。その時の状況としては、下半身が麻痺する症状があり歩けませんでした。手術後2週間ほど痛みが続き辛かったです。その後、1年間かけて症状は軽くなりました。歩行が可能なうちに手術を受ければ、予後が良い場合が多いようです。

 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック