後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック

手術療法

このページでは、後縦靭帯骨化症(OPLL)の手術療法の種類やリスクについてご紹介しています。

後縦靭帯骨化症(OPLL)の手術法とは

後縦靭帯骨化症という行基は、症状が強く保存療法では対応できない場合や、進行が早い場合には、手術療法が用いられます。

骨化の状態や部位に応じて様々な手術方法がありますが、 後縦靭帯骨化症では主に2つの手術療法が主流です。

まずは、脊柱管を広げる椎弓形成術、そして骨化下靭帯を摘出する前方除圧固定術です。症状や治療の方針に応じてどちらかの術式が選ばれます。

また、その症状によっては頸椎後方除圧固定術と呼ばれる術式をとる場合もあります。
これは、首の後方を切開して、脊柱管を構成している椎弓の一部を切り取り、神経の圧迫を取り除く方法です。さらに、患者さん自身の骨を移植したり、ネジで固定することで頸椎の安全性を高めます。

椎弓形成術はもっとも多くとられている手術

後縦靭帯骨化症の手術療法の一つである、椎弓形成術。椎弓形成術は、後縦靭帯骨化症の手術の中でももっとも安全と言われる方法で、多く行われている術式です。

首の後ろ側から切開し、脊髄が収まっている脊柱管を形作っている椎弓を開いて広げます。そうすることで、脊髄神経の圧迫を取り除きます。

高い治療効果を発揮し、失敗の少ない手術ではありますが、問題もいくつかあります。

脊柱管を広げると、脊髄は後方に逃げてしまうとされていて、椎弓形成術を行った場合にも多少なりとも頸椎の移動が認められています。また、後方に出っ張った後縦靭帯骨化がある場合には、再び出っ張った部分で骨化が始まると脊柱を圧迫してしまう可能性もあります。

これらの問題を回避するため、頸椎が湾曲している場合や大きな骨化症がある場合には別の術式を選ぶことをおすすめします。

また、ネジで部位を固定したり、首の後ろの筋肉をできる限り温存する方法を使うなど、椎弓形成術を行う場合にも症状にあった対策がとる必要があります。

前方固定術は骨化部位を直接切除ができる

前方固定術は、首の前側から切開し、骨化している後縦靭帯を切除し、椎体があった部分に患者自身の骨を移植する手術です。

この術式のメリットは、骨化した部位のほとんどを切除できるため、脊髄圧迫の原因を直接取り除くことができることです。

さらに、骨を移植することで首が安定し、長い年月を経て脊髄が回復してくるという症例もあります。

的確に骨化部位を切除できることや、術後の回復経過が早いというメリットがあり、患者さんにとっては最良の術式ともいえます。

しかし、技術的に難しい手術であり、誰にでも行える術式ではありません。骨を削る際に神経を傷つけてしまったり、移植した骨が外れてしまって合併症を患ってしまったりと、医師の技術が追いついていないと、重篤なケースに陥る可能性もあります。

そのため、前方固定術を選択する場合には、その病院での症例数の多さや技術の高さを見極め、信頼できる医師のもと受けるようにすることが大切です。

1から分かる後縦靱帯骨化症の治療ガイド

頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)とは、神経障害を引き起こす病気で難病指定となっています。
脊柱を支える後縦靭帯が骨に変わり厚みを増すと、神経を圧迫。首や背中の痛みやしびれ、筋力の低下、悪化すると歩行障害、運動障害などの症状を引き起こします。
そのため、専門医による適切な治療や手術、経過観察が必要です。
 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック