後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック
HOME » 後縦靭帯骨化症はどんな治療があるの? » 保存治療をした方の体験談

保存治療をした方の体験談

こちらのページでは、後縦靭帯骨化症(OPLL)の保存治療を受けた方の体験談をご紹介します。ぜひ、これからの治療の参考にしてください。

後縦靱帯骨化症の保存治療の体験談

私の場合症状が軽かったためか、治療方法は手術以外に保存治療もあると言われ、温熱療法を約2年間行いました。月に2~3回通院して温熱療法を受けて…という2年間はとても長く、正直辛かったですが、少しずつ症状の改善を実感できたので続けられました。現在もまだ多少痛みを感じることはありますが、痛みともうまく付き合っていかなければいけないのかなと思っています。

頸椎カラーによる治療を6週間ほど行いました。痛みがかなりあったので、これだけで治るのかと不安でしたが、結果痛みは全くなくなりました。入院をする必要もなく、ただ頸椎カラーをつけて安静にする、という治療でした。治療方法も恐かったり痛かったりするものではなかったのがよかったですね。

なるべくなら手術はしたくなかったので、運動療法で保存的治療を行うことにしました。理学療法士の方についてもらいながら通院で治療を行いました。ですが、4か月後くらいに手のしびれが悪化してきていることに気がついて、結局手術をすることに。場所が首ですから手術は恐かったですが、やはりすぐに治そうと思ったら手術の方がいいですね。すぐに痛みもしびれもなくなって、日常生活への影響もなくなりました。普通に動けるということが本当に嬉しいです。

最近薬物療法を始めました。実は5年ほど前にも薬物療法による保存治療をしていて、症状を抑えるためにビタミンB剤を服薬していました。その時には1か月程薬を飲んで、治療が終わったときには手のしびれはかなり軽くなっていたのですが…やはり手術をしないと再発するようです。今回はビタミン剤と筋弛緩剤の両方で薬物療法をしていますが、今後の経過次第では手術も視野に入れたいですね。

後縦靱帯骨化症の治療方法として、牽引療法というものを行いました。首を引っ張って治す方法で、そんなもので治るのか?とちょっと半信半疑だったのは確かです。ですが、入院しながら治療をしていくうちにだんだんしびれが軽くなっていき、3週間ほど経った頃には指がスムーズに動くようになっていました。入院期間は長かったのですが、簡単な方法で改善できたので本当によかったです。また発症する可能性はあるそうですが、とりあえず今のところは痛みもしびれもなくなりましたね。

後縦靱帯骨化症の温熱療法を行いました。首の痛みを感じる部分を温めるというものですが、純粋に温めてもらっている間がとても気持ち良いですね。実は最初は薬物療法を行っていたのですが、元々胃が弱い体質だったので胃痛が酷くなってしまったんです。そのため、薬物療法よりは時間がかかりますが、体に負担のない温熱療法に変更してもらいました。治療期間は、多分2年くらいは通院していたのではないかと思います。症状が一進一退でとても根気がいりましたが、今では軽い運動をすることもできるようになっています。治療期間や治療の確実性を考えるとやはり手術が一番の選択なのかもしれませんが、メスはできれば入れたくなかったので、保存治療を頑張ってよかったです。

頸椎カラーによる治療を行いました。器具をつけていた期間は大体2か月くらいでしょうか。私の場合はそれほど症状が酷くなく、指が少々動かしにくく痛みを感じる程度だったので、頸椎カラーですっかり良くなりました。治療期間も思っていたよりも短かく、仕事にもスムーズに戻ることができました。頸椎カラーで良くならなかったら手術といわれていたので覚悟していましたが、前段階で治って一安心でした。

 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック