後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック

九段坂病院

ここでは、九段坂病院の後縦靱帯骨化症の治療方針や特徴を紹介しています。

日本トップレベルの脊椎・脊髄専門の整形外科

整形外科、内科、外科、皮膚科、泌尿器科など、9科を備える総合病院である九段坂病院。

なかでも整形外科は、脊椎・脊髄を専門としており、頸椎後縦靭帯骨化症の症例数は日本最大ともいわれます。

例えば2009年度の入院患者総数は1399人、うち、脊椎・脊柱手術の件数は1035件にのぼっています。1980年頃から脊椎・脊髄疾患患者を集中的に治療する専門化を図っていて、その取り組みが成功し、現在も日本トップの実力を誇っているのです。

そして、病棟には10人の整形外科医がおり、うち7人は脊椎専門医です。

後縦靱帯骨化症の手術の症例が多い病院一覧はこちらから>>

圧倒的な手術件数で高度な手術にも対応

専門性が高く、実績の多い九段坂病院では、幅広くい治療方法があります。手術療法のほか各種保存療法も行っています。

とくに手術療法では、高い技術と経験が必要とされる前方除圧固定術にも対応している、数少ない病院の一つでもあります。

手術件数も多く、高度な手術にも対応できる病院ですが、基本的には半年間の保存療法を行い、必要に応じて必要なタイミングで手術を行うことを基本スタンス。すぐに手術で治療をする方針ではありません。

また、術後の長期的なフォローを実践しているため、患者さんからの信頼度も高いといえます。

病院の基本理念は、「高潔な志をもち、洗練された技術で、愛情を込めて医療を行う」。患者さんのためを思った医療を心掛けて、長年、病気に悩まされている人を真摯に治療しています。

九段坂病院の概要

住所 東京都千代田区九段南2-1-39
アクセス 九段下駅(東西線・半蔵門線・都営新宿線)武道館出口(2番出口)徒歩5分、JR 市ヶ谷駅 徒歩15分、飯田橋駅 徒歩15分
診療科 内科・外科・整形外科・皮膚科・泌尿器科・心療内科・婦人科・耳鼻咽喉科・眼科
コメディカル 薬剤科・栄養科・リハビリテーション科・地域医療連携室
診療受付時間 午前8:30~11:00
休診日 土日祝日

1から分かる後縦靱帯骨化症の治療ガイド

頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)とは、神経障害を引き起こす病気で難病指定となっています。
脊柱を支える後縦靭帯が骨に変わり厚みを増すと、神経を圧迫。首や背中の痛みやしびれ、筋力の低下、悪化すると歩行障害、運動障害などの症状を引き起こします。
そのため、専門医による適切な治療や手術、経過観察が必要です。
 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック