後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック

沼津市立病院

ここでは、沼津市立病院の特徴や後縦靭帯骨化症の治療について調査してまとめました。

専門性の高い治療を行う地域の基幹病院

沼津市立病院は、各種内科や心臓血管外科、脳神経外科までを揃えた総合病院です。静岡県東部地域において、3次医療を担う基幹病院として位置づけられています。

後縦靭帯骨化症を扱う整形外科は、慢性疾患のほかに救急外傷の治療も行い、地域のニーズに応えています。

沼津市立病院には8人の医師が在籍しており、そのうちの6人が日本整形外科学会認定専門医です。

中でも脊椎疾患は、幅広い疾患に対応し、複数の専門医師によって専門性の高い治療を行っています。特に後縦靭帯骨化症や脊髄腫瘍においては、広域から患者さんが来院しており、治療を受けています。

手術件数も豊富で、平成23年度は整形外科での手術総件数は937件。そのうち脊椎脊髄手術は277件にものぼり、経験の多さを物語っています。

後縦靱帯骨化症の手術の症例が多い病院一覧はこちらから>>

手術は前方固定術がメイン

後縦靭帯骨化症の治療経験も多い沼津市立病院では、患者さんの症状に応じて治療方針を決定します。

手術の技術が優れていると名高い病院ではありますが、軽い症状の場合には、必ずしも手術をする必要はなく、保存療法で経過観察することも多々あります。

沼津市立病院では、不要な手術を避け、治療のタイミングをきちんと見極めることこそ重要だと考えているのです。

しかし、例えば脊髄障害が出ている場合や進行性の場合には早期の手術が必要になります。手術療法は、首の後ろ側から手術を行い、脊柱を広げる椎弓形成術と、首の前方から骨化した部位を切除し、患者さん自身の骨を移植する前方固定術のいずれかの方法をとります。

前方固定術は、首の安定が保たれるため、予後が良く、さらに術後5年、10年と経過するにしたがって脊髄が回復する人もいるため、最良の手術であるといえます。

沼津市立病院の概要

住所 沼津市東椎路字春ノ木550
アクセス JR沼津駅より 路線バスで25分またはタクシーで15分、JR片浜駅よりバスで5分
診療科 内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、リウマチ科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、救急科など
診療受付時間 平日:午前 7:45~12:00
休診日 土・日・祝 年末年始(12/29~1/3)

1から分かる後縦靱帯骨化症の治療ガイド

頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)とは、神経障害を引き起こす病気で難病指定となっています。
脊柱を支える後縦靭帯が骨に変わり厚みを増すと、神経を圧迫。首や背中の痛みやしびれ、筋力の低下、悪化すると歩行障害、運動障害などの症状を引き起こします。
そのため、専門医による適切な治療や手術、経過観察が必要です。
 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック