後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック

品川志匠会病院

後縦靭帯骨化症の手術ができる病院について紹介しています。ここでは、腰・首・脊椎に特化した専門病院の品川志匠会病院について情報をまとめています。

腰・首・脊椎に特化した専門病院

2013年11月5日に開院した品川志匠会病院は、全国で唯一の腰・首・脊椎に特化した専門病院です。後縦靭帯骨化症をはじめとした、脊椎に関する手術治療は、全国でも有数の実績があります。

そのため、他院で「後縦靭帯骨化症の手術は難しいと言われた」という方も、品川志匠会病院を訪れています。

品川志匠会病院の手術件数は、以下の通り。

理事長である大田快児医師が執刀した後縦靭帯骨化症の手術は150件超。ヘルニアを含めた脊椎手術の実績は、5,000件超とのこと。これは全国トップクラスの手術件数です。

また、同じ志匠会グループである「新横浜スパインクリニック」の医師全体の実績を合わせると、症例数8,000件を超えるそうです。

品川志匠会病院は、その圧倒的な手術数から見られるように、医師の専門性や手術に対する熟練度が高くなっています。後縦靭帯骨化症の手術においても短時間で低侵襲の手術を行うことができるうえに、早期退院も可能。

治療方針を統一する為、10年以上チームでの医療に取り組んでいます。どの医師にあたってもの症状に合った最適な治療を受けることができるとのこと。

手術の予後に関しては、予期せぬ合併症やトラブルが発生する事はありますが、回復しているそうです。手術前より筋力が低下することは0.3%程度と非常に少なく、また、手術による術中操作により、恒久的に車イスとなった方は1人もいないそうです。

後縦靱帯骨化症の手術の症例が多い病院一覧はこちらから>>

日本に数台しかない最新鋭の検査・治療設備を完備

品川志匠会病院は、検査の精度を高め、手術の安全性をはかるため、最先端の検査・治療設備を導入しています。

日本に数台しかない「立位MRI」「全身撮影X線(EOS)」という検査機器を両方備えている国内唯一の病院です。検査設備の充実から、セカンドオピニオンとして訪れる患者さんもいるそう。

手術中にナビゲーションシステムと連動して脊椎の三次元画像情報が確認できる「Oアーム」により、手術の安全性を高めるなど、治療環境を整えることに力を注いでいます。

さらに、医師だけでなく、看護師やスタッフの方の専門性が高いということも特徴。日本で唯一の首・腰・脊髄に特化している病院というだけあって、より深い知識で適切な対応をしてくれるので安心できます。

院内の雰囲気もよく、医師もスタッフの方も優しくて温かく対応して下さり、病気に関する質問にも、専門用語ではなく、噛み砕いた言葉でわかりやすく丁寧に答えてくれるところも魅力です。

後縦靭帯骨化症の手術経験者の方の間では、その治療に満足したという声はもちろん、「入院中のご飯がおいしかった」「手術が怖かったけれど、温かいスタッフの方に支えられて頑張れた」という声が多く、最も口コミ評判が高い病院です。

品川志匠会病院の概要

住所 東京都品川区北品川1-29-7
アクセス 京浜急行北品川駅から徒歩5分、品川駅からタクシーで5分
診療科 整形外科、麻酔科、リハビリテーション科
診療受付時間 午前9:00~12:00(受付時間は午前8:00~12:00)、午後15:00~17:00(受付時間は午後14:00~17:00)
休診日 日曜・祝祭日

 

 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック