後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック
HOME » 後縦靭帯骨化症ってどんな病気?

後縦靭帯骨化症ってどんな病気?

こちらのカテゴリでは、後縦靭帯骨化症という病気がどんなものかを解説しています。

日本人に発症例が多く、3%に発生するともいわれている後縦靭帯骨化症。

「かかる原因」のページでは、後縦靭帯骨化症が発症する原因について詳しく調べてまとめています。

糖尿病や遺伝的要素が関連しているなどの報告もあるようですが、その原因や合併して起こる注意が必要な病気や症状についてもレポートしていますので、参考にしてください。

次に、気にかかるとといえば後縦靭帯骨化症の症状。

後縦靭帯骨化症という病気にかかると、一体どのような症状や予兆が起こるのでしょう。

「症状と予兆」のページでは、手指の動きなどの運動障害や知覚障害など、さまざまな症状や予兆について詳しくご紹介しています。

珍しいケースでは、ひどい肩こりで病院に行ったところ発見されたケースもあるようです。ぜひ後縦靭帯骨化症について気にかかることがある方は、「症状と予兆」のページをご一読いただければなと思います。

もちろん、病院での診断を積極的に受けられることもおすすめします。

後縦靭帯骨化症は、原因不明の難病指定とされていて、難病医療費助成が受けられる可能性がある病気です。

「難病医療費助成とは」のページでは、頚椎後縦靭帯骨化症の患者の方が受けられる医療費助成制度についてご紹介しています。

四肢・躯幹のしびれ、痛み、脊柱の可動域制限などの認定基準についても詳しくまとめているので、症状が重い方は、難病医療費助成を受けられることをおすすめします。

医師の診断が必要となりますので、まずは「難病医療費助成とは」のページをクリックして参考にしてください。

 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック