後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック

かかる原因

こちらのページでは、頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)の原因やかかりやすい体質について解説しています。

後縦靭帯骨化症(OPLL)にかかる原因とは

体の背面を縦に走る靭帯—後縦靭帯が骨に変化する病気である頸椎後縦靭帯骨化症。OPLLとも呼ばれています。

日本人の約3パーセントに発症するとされており、男女比では2:1で男性に多い傾向があるといわれます。

その原因はわかっていませんが、糖尿病や肥満体型の人におこりやすい傾向があるとされています。

さらに、ある家系に多発することから、遺伝的要素も関連しているといわれ、兄弟に頸椎後縦靭帯骨化症の患者がいると30パーセントの割合で症状が現れます。現在、研究が進んでいます。

東洋人、なかでも日本人に多くみられる病気で、年齢とともに発生頻度が増え、60歳以上では、実に約1割の人に症状が出るという報告もあがっています。決して縁遠い病気ではなく、わたしたち日本人は、誰でもがなりえる病気ともいえるのです。

軽い症状にとどまる人も多いため、認知度は低い病気ですが、悪化すると歩行障害や運動障害が現れることもあり、適切な治療や経過観察が必要です。

厚生労働省の特定疾患に指定されており、症状の重い人は治療費の公的補助が受けられます。

気になる症状がある人は、ぜひとも病院で検査を行い、軽症のうちに治療を開始しましょう。

症状の重さは人によって異なります

頸椎後縦靭帯骨化症の症状は50歳台以降から発現することが多く、頚髄が圧迫されることによって頸部や背部の痛みやしびれ、筋力の低下が現れます。とはいえ、症状は必ずしも進行性のものではありません。病気にかかった3/4の人はその後進行することはなく、大きな変化は現れません。

また、頸椎後縦靭帯骨化症は、X線、CT、MRIなどで診断することができますが、骨化が認められても症状が全く現れない人も少なくありません。

頸椎後縦靭帯骨化症を疑って受診のではなく肩こりがひどいと受診して判明するケースも多くあるくらいです。強い症状が出るのは一部の人だと考えられています。

ほかの脊柱靭帯骨化症と併発すると危険です

頸椎後縦靭帯骨化症は、黄色靭帯骨化症や前縦靭帯骨化症を合併しやすいのが特徴です。

前縦靭帯骨化症は、その名の通り、脊柱の前方を縦に走る靭帯が骨化する症状で、嚥下困難や声がかれるといった症状が現れます。

黄色靭帯骨化症は、脊柱管の後方にある椎弓の間を結ぶ靭帯が骨化して神経の圧迫症状が出る病気です。

頸椎後縦靭帯骨化症の人の約13パーセントに現れるという報告もあり、これらは合併しやすいといえます。

下肢のこわばりやしびれ、腰部痛や背部痛などが出現し、重症になると歩行困難をきたします。

頸椎後縦靭帯骨化症と同様にまったく症状が現れない人も多くいますが、軽い四肢麻痺になり転倒しやすくなるなど日常生活の中で注意が必要です。

1から分かる後縦靱帯骨化症の治療ガイド

頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)とは、神経障害を引き起こす病気で難病指定となっています。
脊柱を支える後縦靭帯が骨に変わり厚みを増すと、神経を圧迫。首や背中の痛みやしびれ、筋力の低下、悪化すると歩行障害、運動障害などの症状を引き起こします。
そのため、専門医による適切な治療や手術、経過観察が必要です。
 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック