後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック

症状と予兆

こちらのページでは、 頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)によく見られる症状や検査方法を解説しています。

しびれから始まる縦靭帯骨化症(OPLL)の症状

頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)は、脊柱を縦に走っている後縦靭帯が骨化して、神経が圧迫されることによって神経障害を引き起こす病気です。

病気にかかると、まず始めに首筋や肩甲骨周辺、指先の痛みやしびれを感じます。

症状が進むと痛みやしびれの範囲が広がっていき、足が思うように動かなくなる運動障害や、指先での細かい作業ができなくなる手指の運動障害が現れます。そして、重症になると排尿や排便が難しくなる膀胱障害も起こります。

また、頸椎後縦靭帯骨化症は黄色靭帯骨化症や前縦靭帯骨化症を合併しやすく、特に黄色靭帯骨化症を患うと、歩行時の下肢の痛みやしびれ、さらには歩行困難などが現れることもあります。

これらの症状は、すべての人に現れるわけではありません。多くの人は、数年経過しても症状が悪化することはなく、初期症状すら現れないという人も多数います。

しかし、重症化すると大変危険な病気でもあります。ここにあげたような症状を感じる人は、一度病院で検査することをおすすめします。

後縦靭帯骨化症はレントゲン、CT、MRIで発見できる

頸椎後縦靭帯骨化症は、レントゲン検査で見つけることができます。後縦靭帯は、通常はレントゲンには写りませんが、骨化すると白く写ります。そのため、レントゲン検査で判明するのです。

レントゲン検査で発見しにくい場合や、レントゲンでは診断が困難な黄色靭帯骨化症の検査は、CTやMRIを使って行います。

CTは、体を透過したX線をコンピュータ処理して、断層写真を撮影する検査です。骨の部分は白く写るため、骨化した部位も白く写り、病気の診断ができます。

また、MRIは、体の細胞にある水素原子の運動や濃度分布を反映した画像で診断する検査で、脊髄の形を正確にみることができるため、圧迫の程度などを判断することができます。

そのため、一般的には、CTは骨化の範囲や大きさを判断するのに適していて、MRIは脊髄の圧迫程度を判断するのに適していると考えられます。

さらに精密な検査を受ける場合には、脊髄造影検査もあります。これは、脊髄の硬膜に造影剤を注入してレントゲンを撮る方法で、脊髄神経や神経根の外観を詳細にみることができます。

これによって、骨化したことでどのあたりを圧迫し、脊柱管がどのくらい狭くなっているのかを診断することができます。

ただし、この検査は、造影剤でアレルギー反応を示すこともあるため、入院検査になることが多く、また頭痛や腰の痛みなどの副作用も考えられます。そのため、手術を前提とした場合に行われることが多いようです。

症状が軽くても病院での診断は必要

頸椎後縦靭帯骨化症の病気の進み方は、人によってまったく違うと言われています。

症状を全く自覚することなく、「ちょっと肩が凝ったな」と感じて受診をしたら頸椎後縦靭帯骨化症と診断されたという人もいれば、急に麻痺が現れる人もいます。

一般的には、軽いしびれや痛みを感じたまま長年を経過すること人が3/4近くいるという報告があることから、経過観察を行いながら、手術以外の治療法を行ったり、特に治療はせずに経過を定期的に観察するのにとどまる人が多いようです。

しかし、症状の進行が人それぞれだからこそ、病院での適切な経過観察が重要です。違和感を感じていながらも受診をしない、軽症だからと経過観察を怠るのは危険。医師の診断のもと、経過をしっかりと見ていきましょう。

1から分かる後縦靱帯骨化症の治療ガイド

頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)とは、神経障害を引き起こす病気で難病指定となっています。
脊柱を支える後縦靭帯が骨に変わり厚みを増すと、神経を圧迫。首や背中の痛みやしびれ、筋力の低下、悪化すると歩行障害、運動障害などの症状を引き起こします。
そのため、専門医による適切な治療や手術、経過観察が必要です。
 
後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック